21世紀の女性用育毛事情 
ホーム > 自動車事故 > 相手の気持ちになって

相手の気持ちになって

一時期、車を手放していたのですが仕事の関係上、再び車通勤をしていました。(今は自転車通勤ですが)以前は若干車の運転も荒くて中々無理な車線変更もやったり、危なくぶつかりそうになった事もあったり、事故の経験もあるのですが、よくこれぐらいで済んでたなと思います。



最近は休みの日ぐらいしか運転しませんが、昔から苦手なのが数車線ある大きな道路での車線変更。

左折車線用ラインへ入りたいのに車が多かったりタイミングを逃したりする事がよくあります。

これって運転上手下手もあるとは思うのですが、運転手の性格もあるかもしれません…笑

大胆に物事を進められる人はある意味図々しく割り込んで行けるのかもしれませんが、性格的に

大人しく奥手なタイプの場合は、どうしょうどうしょうとなってしまって中々車線変更が出来ない

って感じなのかもしれません。自分はどちらかと言えば後者の方かもしれません。タイミング合えばすんなり出来るんですけどね。


自分は自転車でも移動するのですが最近危なく感じるのが横断歩道があって左折車専用ラインから

入ってくる車。歩行者、自転車をしっかりと見てるのかなっていうぐらい目線がこちらを向いていなかったり、猛スピードで左折したり。一歩間違えると事故も起きかねません。


こういう事って、相手(歩行者、前後の車)の気持ちを考えてみれば、簡単な事と思うんです。

ちょっとマナーを守る、道を譲るって普通に出来ればもっと交通事故って減ると思うんですけどね…